年金について考える

現在年金を受給されている方も、これから先の将来に年金を受給する方も、自分の老後の生活を考えるにあたり、日本の年金制度がどうなっていくのか、というのは興味・関心のあるところだと思います。

近年、年金についてのニュースがTVなどで頻繁に放送されています。
年金問題とはそれまで、“少子高齢化による年金原資の不足”と言われていました。

日本の公的年金は「修正積み立て方式」を採用しています。修正積み立て方式とは、積み立て方式と賦課方式の中間に位置する方式をいいます。

積み立て方式とは、簡略化すると「将来の自分の為に年金という貯金をしておき、適用時期が来たときには、少しずつ払い戻しをする」というものです。

賦課方式とは、「現在の年金受給者の為に、現在の年金加入者が年金を支払う」というものです。

そして、日本の公的年金で採用している「修正積み立て方式」というのは、年金原資の一部を運用して原資額を増やし、残りを賦課方式として、現加入者が支払った原資を年金として支給するというものです。

しかし、近年では、「年金問題」の内容が“少子高齢化”の他に、“消えた年金”“宙に浮いた年金番号”などと言われるものが含まれるようになりました。

これらが指す内容とは、納付記録の紛失や支給漏れ、年金番号の不一致から被保険者の確定が出来ない年金番号などのことで、その件数が数千万件という数にのぼります。

このことにより、受給されるべき人が受給をうけることが出来ない事態が続出し、今後も更に波紋が広がると見られています。

当サイトでは、年金の基本的な知識や、老後に向けての資産の活用法などについてもご紹介しています。
年金+αを早い段階から考えておくことで、皆さんの老後の生活がちょっと楽しくなるようなお手伝いをさせていただければ・・・と思っています。


Yahoo!News